スノーボードを始める前に確認しよう!

スノボを始めるための心得

初心者のためのスノーボートの選び

スノーボートと言うと、「ああ、スノーボードって楽しいよね」などと言われてしまいます。
足に板をつけて雪の上を滑るアレではなく、べたっと腰をおろしてやる、いわゆるソリと呼ばれているものです。
あまり詳しくない方が聞くと、子供の遊びと見下されてしまうこともあるのかもしれませんが、それはほとんど知識がないからなのです。
どのスノーボートを選ぶのかによってもかなり滑り味が違うので、奥が深いことが分かるはずです。
例えば、長いものだとスピードは出ますが、コントロールが難しいので、初心者の人には向きません。
そのため、気持ち短めが良いです。
目安としては、またいで座った時に、両足のかかとが先から出ることです。
ブレーキと舵を兼ねているため、ボートの真ん中あたりでいくら踏ん張っても意味がありません。
特に人がたくさんいるスキー場では危険ですし、最悪の場合は相手に怪我をさせてしまいますので、十分な注意が必要です。
次に硬さですが、柔らかい方が扱いやすいです。
ただ、硬いからといって乗れないこということではなく、スムーズに滑ることができますし、方向転換などはキレが良く気持ちが良いでのすが、しなりが少ないので操りにくいですし、ある程度の力がいるので、女性や小さなお子さんには不向きなのです。

スノーボートの活用方法

雪遊びのアクティビティの中で外せないのが、スノーボートです。
小さい子供から大人まで、例えスキーやスノーボードが出来ない人であっても、そり遊びなら誰でも思いっきり雪の上で怖がらず楽しむ事が出来るのです。
冬だけではなく、雪が降らないシーズンであっても芝生の上などで走らせて遊ぶ事も出来ます。
デザインやサイズも様々なものがあり、子供でも手軽に持ち運びができるコンパクトなものから、ハンドルやブレーキまでついた本格的なものまで数多く販売されています。
スキーやスノーボードを始めたい子供にとっては、いきなり板を履くのではなくスノーボートで楽しく、また安全に雪上を滑り降りる感覚を身につけるアイテムとしても非常に便利です。
スキー場のメインゲレンデでは危険を伴う為そりの使用を禁止されている所が多いですが、ゲレンデの横や山の麓にキッズスペースとして、スノーボートで遊べる専用のコーナーが設けられているスキー場も多数あります。
また遊びアイテムとしてだけではなく、荷物を運ぶ道具として、さらにはゲレンデ内で事故や怪我にあった人、遭難救助用としてなど人を運ぶ為にも活躍しています。
雪の上では無くてはならないアイテムです。

おすすめWEBサイト 5選

デカ目、度あり、シリコーンハイドロゲル、1年使用 カラーコンタクト500円~。

カラコン ハーフ

日研トータルソーシング

当社なら他社様よりもお手頃価格で、しかも即対応が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

不用品回収 埼玉

千葉県のペット火葬は当社にお任せください

ペット火葬 千葉

リラクゼーションサロンでのアロママッサージのお仕事です。

渋谷 メンズエステ 求人

審査基準をクリアされた厳選された先生達が占います。

電話占い

着物が似合う街、「京都」着物に着替えて最高の思い出を…

京都 レンタル着物

軽井沢の不動産情報ならコチラ。

軽井沢 土地

2016/8/19 更新

△ページTOP