スノーボードを始める前に確認しよう!

スノボを始めるための心得

シーズンオフだからこそ入念に!スノーボードのメンテナンス

春になりウインタースポーツの季節もシーズンオフになってきました。
倉庫に眠らせているそのボード、きちんとメンテナンスしましたか?シーズンオフだからこそボードのお手入れが大切です。
次のシーズンも安心して楽しむためにスノーボードのメンテナンスについてお話します。
まずビンディングですがはずしておくのがベターです。
そのままにしておくと雪解け水が入り込み錆びと固着を引き起こすためです。
次にボードは雪に含まれる黄砂や花粉などで汚れが付着しており、この汚れを落とすには専用のリムーバーなどでしっかり汚れを落としておくのがいいでしょう。
次にワックス塗り、この作業はボードの酸化を防ぎ長持ちさせます。
汚れ落としやワックスがけの際にもしキズを見つけたら、やすり・リペア材による補修、傷が深く深刻なときはチューンナップ屋さんで補修するのが良いでしょう。
保管はできるだけ日陰で風通しの良いところを選び、ほこりを防ぐためにカバーなどをして保管してください。
これで次のシーズンも楽しく雪山を滑れることでしょう。

スノーボードのメンテナンスは最適なワックス選びから

シーズン中は休み無く働いてくれる自慢のスノーボードですから、オフの時やシーズンにはしっかりとメンテナンスを行い、次回の快適な滑りに繋げていきたいものです。
スノーボードのメンテナンス法として一般的に行われているのは、ボードのクリーニングとワックス掛けがメインとなります。
ボードと雪面を馴染ませ、滑りを良くする為にも必須の作業となります。
これらのボードに最適なワックスの種類は固形、液体、そしてスプレータイプと様々で、またその用途も異なってきます。
具体的な方法としては、まず洗浄用クリーニングワックスを塗布して拭き取りつつ汚れを落とし、次いでベースワックスをボード全体に馴染ませます。
そして最後に仕上げとなる滑走ワックスを滑り面を中心に隅々まで塗布し、ある程度乾燥させれば出来上がりです。
滑走ワックスに関しては、滑るメインフィールドの雪質や競技や滑り方のタイプにより、適した製品が異なるケースが多いものです。
初心者であれば必ずショップスタッフに聞き、最適な製品を選んでもらった方が良いでしょう。

Favorite

Last update:2017/2/16

△ページTOP